2020年12月11日

天敵は「脆い血管・脆い組織」だ!!!

CTOPCIのワイヤ手技、もう少しで連続100例成功だったんですが途絶えてしまった。

※ 覚醒の2018年5月5日以降、途中で1例ずつ不成功があるものの、連続ワイヤ成功が 156例・106例・8例・8例、そして97例。 今回は98例目が不成功でした。

この間の5例の不成功を振り返ると、

最初がproximalもdistalもentryが非常に固くて大変だった+胸部症状のコンロトールが難しかった若い男性症例、

2例目はレトロに固執しすぎた高齢女性症例

3例目は維持透析の高度石灰化症例でレトロチャンネルがどれも不成功だった症例

4例目と5例目が「脆い血管・脆い組織」でワイヤパーフォレーションやチャンネル穿孔のコンロトールが難しかった症例

でした。

最初の2例は今なら成功できたかも、透析さんのレトロなしは今でも無理かも、そして直近の2例の「脆い血管・脆い組織」これはなんか対応策がありそう、って思ってます。
※ とはいえまだ明確にはなってないんですが。。。

今年はコロナで症例数が激減したので年間100%成功を目指していたのですが残念でした。逆に言えばまだまだ成長できる、ってことです。頑張ろうっと。

2018年5月5日以降で 377例中ワイヤ成功372例で 98.7%
2020年は55例でワイヤ不成功1例なのでワイヤ成功 98.2%

99%後半で週数点1桁の四捨五入での 100%、が目標です。

年内、予定症例はあと1例。

2021年がどんな年になるかわからないけど、上記目標に邁進、です。

では〜

posted by vagabond at 21:30| 日記